【幼児と過ごす夏休み】レゴクラシックで遊んでみたら大人も楽しくなった 

当記事はわんぱくな幼児(男の子)との夏休みの過ごし方について紹介しています。

「元気なこどもを退屈させずに大人も一緒に楽しめる遊びが知りたい」という方におすすめの記事です。

結論からいうと、我が家が買ったおもちゃは「レゴクラシック」。

これでこんなのを作れます↓

「え、こんなの作れない」と思った方に、おすすめの「レゴの作り方」をまとめてくれている(すばらしい)サイトをあとで紹介させてもらいますので安心してくださいね。

時間があっという間に過ぎるアイテムですー

ということで、レゴクラシックで恐竜を作ってみました。作例はこんな感じです↓

3頭集めた写真です。

恐竜同士でバトルしている様子を再現してみました。

こんなごっこ遊びを子どもが楽しんでくれて、「(頭で)考える」「(手先を使って)作る」「(創造して)遊ぶ」をおおいに満喫させてくれるおもちゃだなぁと思います。

でも、親子ともどもいきなりこんなのを作れたわけでなく、すごく丁寧に作り方を解説してくれているサイトを参考にしました。そのサイトの名前は

「シドロモド記」というレゴの作り方を紹介してくれているサイトです。

サイトの運営者さんが完全オリジナルのレシピを写真でわかりやすく説明してくれています。(サイト運営者さんにおおいに感謝)

レゴクラシックを買って思ったのが、「なにをつくればいいのか思いつかない、どうやってつくればいいのかわからない」でした。

一応、乗り物や建物の作り方の説明書はついてたのですが、作れるアイテムが限られてたので、次になにを作ればいいのか困ってしまいました。

それを解決してくれたのが「シドロモド記」というサイトでした。

とにかく様々なアイデア(乗り物、働く車、建物、ジオラマ、動物、ガジェット(カメラ)、小物等々)を紹介してくれています。

子どもとサイトを見ながらレゴを作ってたらこっちまで楽しくなってきて、今ではいいコミュニケーションツールになっています。

今後も出来上がった作例をブログにアップさせてもらいますので興味のある方はぜひご覧ください。

Google Ads