【NIPTを詳しく知りたい方向け】NIPTでわかることとNIPTのメリット・デメリットとは

NIPTでわかることを知りたい方

NIPTのメリット・デメリットを知りたい方

向けの記事です。(読み終える目安時間約3分)

当記事を読むことでこんなことがわかります。

この記事を読むとこんなことがわかる
  • NIPTでどんなことがわかるのか
  • NIPTのメリット・デメリット

NIPTについてもう少し詳しく知りたい、さらにNIPTのいいところとそうでないところのどちらも知りたいという方におすすめの記事です。

目次

1.【NIPTを詳しく知りたい方向け】NIPTでわかることとNIPTのメリット・デメリットとは

・ NIPTでわかることってどんなこと?

・ NIPTのメリット・デメリット

2.NIPTのメリットについて

・採血だけなので母体・胎児への負担が少ない

・偽陽性が低く検査精度が高い

・妊娠中に胎児の状態がわかる

3. NIPTのデメリットについて

・確定検査(羊水検査など)を受ける可能性がある

・すべての個性(疾患)がわかるわけではない

・検査結果に動揺する可能性がある

3.まとめ

【NIPTを詳しく知りたい方向け】NIPTでわかることとNIPTのメリット・デメリットとは

この章で はNIPTでわかることやメリット・デメリットのポイントをまとめています。

NIPTでわかることってどんなこと?

NIPTでわかることは以下のとおりとされています~

NIPTでわかること

1)13トリソミー(パト―症候群)

2)18トリソミー(エドワーズ症候群)

3)21トリソミー(ダウン症候群)

4)13,18,21トリソミー含む全染色体(1~22番)の状態

5)微小欠失症候群

6)性別

となっています。

ちなみに、NIPTを受ける施設(認可施設・無認可施設)によって検査でわかることの範囲(1~6)が異なっています。

1~3の「13トリソミー、18トリソミー、21トリソミー(基本検査)」の状態がわかる検査は

認可施設(受けるための条件あり)・無認可施設(受けるための条件なし)どちらでも受けられます。

さらに、4~6の「全染色体の状態、微小欠失症候群、どちらかの性別」がわかる検査は

いまのところ無認可施設(受けるための条件なし)のみでしか受けられません
※ほとんどの場合、基本検査(13、18、21トリソミー)+オプション検査(全染色体検査
微小欠失症候群、性別判定など )とされてるようです(2020年時点

ちなみにわたしは無認可施設で「基本検査+全染色体検査」をうけました

関連記事→【八重洲セムクリニックで検査してみた感想・口コミをブログで公開【20代でNIPTうけてみる】

NIPTのメリット・デメリット

NIPTのメリット・デメリットまとめはこちら

NIPTのメリット
  1. 採血だけなので母体・胎児への負担が少ない
  2. 偽陽性が低く検査精度が高い
  3. 妊娠中に胎児の状態がわかる

関連記事→【【妊娠をあきらめる妊婦さんがこんなにいるのだという現実を知る】出世前診断をうける妊婦さんはどのくらいいるのかもあわせて調べてみた

NIPTのデメリット
  1. 確定検査(羊水検査など)を受ける可能性がある
  2. すべての個性(疾患)がわかるわけではない
  3. 検査結果に動揺する可能性がある

それでは次の章でNIPTのメリット・デメリットの詳しい内容をご紹介します。

NIPTメリットについて

NIPTのメリットまとめをもう一度紹介させてもらいます。

NIPTのメリット
  1. 採血だけなので母体・胎児への負担が少ない
  2. 偽陽性が低く検査精度が高い
  3. 妊娠中に胎児の状態がわかる

採血だけなので母体・胎児への負担が少ない

NIPTは採血だけでお腹の中の赤ちゃんの状態が知れるのでリスクが少ない(検査がきっかけで流産をしない)検査です。

逆にリスクがある(流産の可能性がある)とされているのが「羊水検査」や「絨毛検査」といわれています。

偽陽性率が低く感度・特異度が高い

偽陽性率は1%以下と低く、感度も99%以上という高精度な検査です

参考URL:NIPTコンソーシアム

「偽陽性率」とは、”ニセの陽性”ということなので、検査対象にしているトリソミーに特徴(疾患)がなかった確率のことを指します。

陽性の判定だったけど、陰性だったということです

次に「感度」とは、 検査の判定が「陽性」で、出産時の赤ちゃんも「陽性」である確率を「感度」と示します。
参考URL:Genetechコラム

ちなみに検査の判定が「陰性」で出産時の赤ちゃんも「陰性」である確率を「特異度」と示しますが、こちらも「99.9%」という検査精度とされています。
参考pdf:NIPTコンソーシアム

妊娠中に胎児の状態がわかる

お腹の中の赤ちゃんが染色体に特徴のある子だったとしても、出産・育児に向けて妊娠生活を送られる方もいらっしゃると思います。

事前に赤ちゃんの状態を知ることで心と環境の準備を整えられ、快く家族として受け入れることができる。(心と時間に余裕が生まれる)

前もって赤ちゃんの状態を知れることは、妊婦さんやその家族だけでなく、赤ちゃんにとってもよい影響(受け入れられる準備ができているため)をもたらすことに貢献するかもしれませんね。

関連記事→【【NIPTはいつまでにうければよいのか知りたい方向け】NIPTの検査の流れもあわせて解説

NIPTデメリットについて

NIPTデメリットまとめをもう一度紹介させてもらいます。

NIPTのデメリット
  1. 確定検査(羊水検査など)を受ける可能性がある
  2. すべての個性(疾患)がわかるわけではない
  3. 検査結果に動揺する可能性がある

確定検査(羊水検査など)を受ける可能性がある

NIPTの検査精度は高いとはいえ、”100%”というわけではありません。

そのため、判定が陽性のときは「確定検査」と呼ばれる

「羊水検査」もしくは「絨毛検査」を受ける流れとなっています。

確定検査は主に「羊水検査」にて実施されており、その検査精度はほぼ100%とされています。(参考記事:日本経済新聞

どちらの検査も、必要な細胞をお腹の中から直接とるため、流産のリスクを伴うものだとされています。(参考記事:兵庫医科大学病院産婦人科出生前診断のご案内より

すべての個性(疾患)がわかるわけではない

NIPTをすればすべての個性(疾患)がわかるわけではありません。(発達障害や視覚障害、聴覚障害など。さらには出産時にトラブルが起きる可能性も0ではありません)

あくまでごく一部の、染色体に特徴のある胎児についてのみ、わかる検査となっています。

検査結果に動揺する可能性がある

もし仮に、陽性判定だったときに

自分だったら動揺・葛藤していたのではと思い、この項目をいれさせてもらいました。

羊水検査はどこで受ければいいのか

産むのか、産まないのか

など

しなくてはならないことや考えなければならないことで頭がいっぱいになっていたのでは、と振り返って思います。

検査を受ける施設において、陽性時のフォローを親身にしてくれる先生を見つけておけると心強いです

まとめ

それでは当記事のまとめはこちらになります。

当記事のまとめ
  • NIPTでわかることは1~22番染色体の状態、性別判定、 微小欠失症候群
  • NIPTのメリットは「検査による流産リスクはない、検査精度が高い、妊娠中に胎児の状態がわかる」
  • NIPTのデメリットは「確定検査を受ける可能性がある、すべての個性(疾患)がわかるわけでない、検査結果に動揺する可能性がある」

でした。

体調には気をつけて妊娠期をお過ごしください~

関連記事→【【NIPTを受けるか受けないか悩んでいる方必読①】わたしがNIPTを受けようと決めたポイント2つをご紹介

Google Ads